代表者のUSP


代表者 山野井友子

「許可の手続きをするのって誰?」(行政書士は無名なので、思いつかない)
「いったん事務所に行っちゃうと、結局頼むことになりそう」
「決算書の中身や会社の大事な情報を教えるのだから、
しっかりしたところでないと・・・」


昭和63年3月に行政書士を登録し、今年で23年目になります。
現在、社長ひとりだけの企業から東京証券取引所一部上場の大企業
(大臣・特定・複数業種・経営事項審査)まで、
様々な条件の企業の申請手続をしております。

都庁での相談員として、400人以上の多様な建設業許可相談をしました。
平成18年4月から21年3月まで、東京都庁で建設業許可相談員を務め、
3年間で400人以上の企業の新規許可、変更等の相談を担当しました。

「許可は取れない」と断られた企業様でも、ご相談下さい。
事実は強い。プロとして、あなたの許可取得に最大限の知恵を絞り努力をします。

独自性=他の事務所との違いは、企業の助成金について詳しいことです。
平成16年4月から21年3月まで、東京商工会議所丸の内の本部で
起業・創業相談員を務めました。
500人以上の相談にのりました。
その際、私が提案したもののひとつは「創業助成金と創業時の公的融資」の利用です。
あなたが知らないとしたら、もったいない情報です。

都庁で相談員をしていたとき
@ この方は、会社を設立する前に(私に)相談に来てくだされば、
  自動車はタダで購入できるぐらいの助成金はでるのに・・・。
A この会社は、新規許可申請する前に(私に)相談に来てくだされば、
  助成金と公的融資が受けられるのに・・・。

実際、21年4月、建設業許可申請の依頼をしてくださった企業は、
私どもの協力で助成金の支給申請をし、252万円をもらいました。
現在は、252万円の2回目を請求しています。
総合計850万円をもらう予定です。

助成金は、タイミングと手順がポイントです。
助成金についての知識がある私どもが
御社の事業計画をお聞きすれば、
「今すぐに御社に合う助成金があるかどうか」
「今ではなくて、将来御社に合う助成金があるかどうか」
わかります。

*助成金と融資の違いは、調査の上確認してください。

会社設立〜助成金〜許認可申請〜事業発展・・・・。
あなたのビジネス発展が私共の喜びです。


【相談申込みへ】
【ページの先頭へ戻る】

対応業務について

ご案内


■山野井行政書士事務所
〒101−0051
東京都千代田区神田神保町
3-1-6 日建ビル10階
Tel 03-3239-9000
Fax 03-3239-9001

事務所紹介 | 事務所地図 | メール相談申込 | リンク集 | 個人情報保護方針 | サイト・マップ | ▲ ページ先頭へ
inserted by FC2 system